« 9月1日の空 | トップページ | 「私たちの音楽」 »

映画とファッション

この土日は細々した用事で過ぎました。日曜日は早朝から町内一斉清掃で、その勢いで自宅の庭の草刈りをしていたら蜂に刺されました。蜂に刺されるのは小学生の時以来で胸騒ぎがしたのですぐに市内の休日診療所に行きました。大事には至らなかったのですが、概ね2週間以内にもう1度刺されると稀にアナフィラキシーショックを起こすことがあるが今年は多いので気をつけるようにと聞いてまた胸騒ぎがしました。子どもの頃、虫刺されは日常的なことでしたがいつしか弱気になっていたようでした。

土曜日は立ち寄った衣料品店で季節の移り変わりを目の当たりにしました。そういえば、ここしばらく細切れながら観た映画でもなぜかファッションに目が行きました。「ココ・アヴァン・シャネル」はココ・シャネルの審美眼が生み出す新しい時代を切り開くデザインであり、「秘密の花園」ではメアリーのえんじ色のニットの帽子のかぶり方が醸し出すエレガントかつ自立した魂を彷彿とさせる彼女の芯のあるしなやかさでした。やはり服選びと着こなしは大事とあらためて思いました。「ココ・アヴァン・シャネル」も「秘密の花園」も主人公の眼差しの強さが印象的で映画のメッセージを一層際立たせているように思いました。

|
|

« 9月1日の空 | トップページ | 「私たちの音楽」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月1日の空 | トップページ | 「私たちの音楽」 »