« 病弱教育の歴史 | トップページ | 春をよぶ紅茶 »

春間近

サンルームの段ボール箱や古新聞を片付けていたら花粉の気配がしました。薬を飲んでいるのでどうにかやっと症状を抑えているような感覚で鼻に違和感がありました。まさに境界です。すんでのところで留まっている、そんな危うさがあって意気消沈の一日でした。春間近です。

一昨日のこと、2月にマップのバージョンアップをした車のナビの画面に「県立子ども心身発達医療センタ-」の表示があって驚きました。開院は6月ですが、ナビのデータの最終アップデートは2月初旬のはずなので半年も前に入力されていたことになります。表示を詳細にすると「三重病院」と「かがやき特別支援学校」の名前が出てきました。「緑ヶ丘特別支援学校」ではありません。マップメーカーは学校名の変更の有無について教育委員会に問い合わせをしてきますがこれはフライングです。でも、早期から広く知っていただくことにつながるものと期待しています。

少し前に所属しているオーケストラの次回の定期演奏会の曲がドヴォルザークの交響曲第8番「イギリス」に決まりました。その連絡があってからというもの、演奏会は1年も先のことなのに気もそぞろです。この曲の第3楽章は大学の時、たしかNHK-FMの「名曲の時間」のドヴォルザーク特集のオープニング曲でした。誰の演奏だったか覚えていませんがそのときの記憶をこの曲に求めてしまいます。先週届いたCDはジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団の“定番”です。端正な演奏です。スラブ舞曲も素晴らしい。明日明後日の東京出張では旅の友となります。

「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに特別支援学校幼稚部教育要領案、特別支援学校小学部・中学部学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について」はこちらです。(平成29年4月15日まで)

|
|

« 病弱教育の歴史 | トップページ | 春をよぶ紅茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病弱教育の歴史 | トップページ | 春をよぶ紅茶 »