« サンドイッチ考 | トップページ | 詩を読む »

「HOPE 311 陽、また昇る」

昨日、ハービー山口の写真集「HOPE 311 陽、また昇る」(講談社 2012)が届きました。紐解くとこの本のAmazonのカスタマーレビューほど「本のレビュー」に相応しい言葉はないのではないかというくらいのマッチングと思いました。そして、写真を撮る意味や写る意味、プリントする意味、シャッターを切る意味など、写真にまつわるあらゆるステップやファクターの意味を含むただただすごい写真集と思います。ドキュメンタリーの写真は撮り続けることで撮る人自らの命を細らせることもあると聞いたことがあります。この写真集からはそうした気配は感じられない。東北の状況が厳しいことは誰もがわかってこの写真集を見る。でも、笑顔や力強さを伝える写真はともにいること、ともに歩むことの豊かさを教えてくれる。私たちは間違いなく勇気をいただく。ほんとの強さとは何かを教えてくれているように思うのだ。

一昨日、昨日と鈴鹿に出張で高速道路経由で帰宅しました。三重県の北勢地域の秋冬は冷えて雪もめずらしくありません。今朝は一段と気温が下がりました。冷たく、凛とした空気や冬枯れの風景は感性を研ぎ澄ませる力があるように思います。聴きたくなるのはやっぱりチャイコフスキーか。

|
|

« サンドイッチ考 | トップページ | 詩を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンドイッチ考 | トップページ | 詩を読む »