« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

NEXUS 5

今更の感は否めないながらも携帯をNEXUS5にしました。昨日届いて環境を移行、最後にSIMカードを挿し替えて明日からの“携帯”に準備が整いました。届いたときはAndroid5.xでしたが数回のアップデートを経てAndroid6になりました。使ってみるとスペックは今でも何の遜色もなくiOS並の操作感で触るたびに新鮮に思います。このあたりはさすがの“ピュア・アンドロイド”で、やっぱりここに行き着いたかと思っています。“素”でいく潔さとでもいうのでしょうか。iOSも然り。つくづく思うのはスマートフォンのハード、ソフトともどうして日本で作れなかったのかということです。私がスマートフォンを使い始めたのは7年前、iPhone3Gからでした。周りからはちょっと冒険と見れられていたふしもあったようですがiOSのインターフェイスにただならぬ来るべきフェイズを予感させるものがありました。iOSもAndroidもキャリアメールに代表される日本の“しきたり”とのせめぎあいは今も続けているものの淘汰は然るべき道をたどるもの。最後はそもそものコンセプトでしょう。ところで、私のNEXUS5は赤です。赤というよりオレンジ色、レスキューオレンジでしょうか。アウトドアで目立つ色と考えてのことです。グラファイトのTPUケースとのミスマッチもある意味存在感があって面白い、かな!? 今、あらためて哲学の時代の真っ只中にいることを実感です。

| | コメント (0)
|

ピアノ・トリオな秋

これまでピアノ・トリオも聴いてきたはずなのにここしばらく無性に聴きたくなってCDを探っていたらヨーロッパのピアニストの演奏がいくつか出てきました。これがとてもいい。探せばApple Musicでもたくさんあってこれは秋の夜長の音楽とした次第。なぜかイタリアのピアノ・トリオが身近に聴こえます。ミケーレ・デ・トロやステファノ・ボラーニがなんともいえない音の深みに誘う。この秋冬はピアノ・トリオで“決まり”かもしれません。静謐とシンフォニックという紙一重のスリリングな演奏形態が聴く人を惹きつけるように思います。

先週から東京JAZZ 2015の放送が始まりました。こちらはもちろん全編ライブで臨場感があってなかなかの観もの聴きものです。ジャンルはジャズだけでなく幅広く、今、コンテンポラリーの音楽が聴けて邦人プレーヤーの活躍も頼もしい。今回は東京フィルも登場してドラムはなんとスティーブ・ガットでした。サイモン&ガーファンクルのセントラルパークのコンサートの彼のドラムは耳元から離れない。1981年、34年も前のこと。いつか行きたいと思っている東京JAZZ、退職しないと行けそうにない!

それにしても音楽を聴くためのシステムはこれからどうしていこうかと思案中です。iTunesの資産は3台のMacを経て今は自作Windowsで落ち着いていますが、Apple Musicに手を出したところ、時にiTunesのレスポンスが落ちることがあって、また、使い方によってはCDから取り込んだデータが消えることも起こり得るとのことで気を揉んでいます。ではGoogle Play Musicはどうかということで試用中です。iTunesのライブラリは15,000曲余りもあって“デジタルロッカー”にアップするのも時間というか日数がかかりますがネットがつながればどこでも聴けるようになるのは嬉しい。こんな世の中になるとは想像すらしなかった世代なのに使っている自分が少し面白くもあります。

| | コメント (0)
|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »