« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

1月のポコ・ア・ポコ

1月のポコ・ア・ポコは7家族のみなさまのご参加をいただきました。今日は見学の方もみえておとなの方が多かったのですが存在感はやっぱり子どもたちの方にあって、雪の舞う窓の外とはちがって活気がありました。部屋をあちこち移動する子どもたちも曲の終わりはぴったりと合わせていました。そうした場の文脈をしっかりとわかっていることが何より大事です。最後の大きなシャボン玉もしっかり見つめることができました。よくがんばったね!

| | コメント (0)
|

建築塾

会員になったもののなかなか参加できなかった建築塾の講座に来月やっと行けることになりました。テーマは「新しい集住体と暮らし方」で、大震災後の釜石での取り組みについてで、単に建築というだけでなく地域作りにかかわる内容と思っています。障がいのある人たちの地域の暮らしを福祉とはちがう視座から考えてみたいと思ってのことですが、とくに地方での持続可能な共助の地域生活は建築を含めた再構成が必要ではないかと考えています。実際、建築家が福祉の本を出しています。「みんなの家」をめぐる人々の姿はとりわけ注目しているところです。

このThikPad T440sにGoogle Chromeがインストールできなくてそのうちにと思っていたらDropBoxがインターネットにつながらなくなってこちらは放っておけなくて悪戦苦闘していました。この2つの問題はソフトがインターネットにつながらないという共通したポイントがあって、これはアンチウィルスソフトの問題だろいうとプリインストールのアンチウィルスソフトを一時停止しようとしたらその操作画面が出ない。ますますおかしいと思っていたらプリインストールされていたのはダウンロードするためのプログラムだけで、稼働させるにはアンチウィルスソフトのプログラム本体をダウンロードしてインストールする操作が必要でした。このときまでアンチウィルスは機能していなかったわけで、診断プログラムで「保護」と表示されていたのは何だったのか!? インストールは時間がかかったものの無事稼働して、そして、おそらくこのことによってDropBoxの再インストールとGoogle Chromeのインストールが無事完了したものと思っています。Goolge Chromeの表示はIEとはまたちがいます。一言で表すなら文字が小さいがすごく精緻な印象です。ブックマークはGoogle Chromeに加えてIEのものも引き継いで、ということはMacのSafariのブックマークまで引き継ぐことになって「資産」は膨大となりました。

| | コメント (0)
|

年末年始の休みに

年末年始のオフはいわば全国がオフなので家にいてもどこに行ってもいつもとちがってそれがいいなと年々思うようになっています。NHK‐TVの「ドキュメント72時間」はそんなちょっとちがうモードがあることを教えてくれる番組で、年明け早々の「ドキュメント72時間・選」は見応えありでした。

訃報で驚いたのは大滝詠一でした。年末、薬師丸ひろ子のコンサートの放送で大瀧詠一の「夢で逢えたら」を久しぶりに聴いて懐かしく思っていたところでした。「A LONG VACTION」はレコードの頃から30年来の愛聴盤です。65歳の訃報は早過ぎます。

音楽を聴いて驚いたのは松任谷由実のベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」でした。Disc1の冒頭で「やさしさに包まれて」のイントロが流れた瞬間、まるで別物ののような音質と思いました。リマスターのなせる業で、調べるとネットでも話題になっていました。その音を聴いているだけでわくわくする音楽と思いましたが何かしらの新たなアレンジがあってもよかったのかな・・・あるのかも!?

そのアルバムを延々と聴きながら昨日と今日は神戸と大阪に行っていました。神戸行の目的はカワサキワールドでした。この年末、ある忘年会でくじを引いて座った一画の5人がみんなバイク乗りだということがわかって互いに驚きました。もちろんみんな50代です。若い頃から乗り続けている人、私も含めてかつて乗っていた人、50代に免許を取って乗っている人、それぞれの歩みに耳を傾けてはうなずくひとときでした。カワサキワールドでは往年の名車の造形美に見入っているとエキゾースト音がよみがえってきました。

大阪行の目的はSTANDARD BOOKSTOREです。折しも神戸のホテルで読んだ神戸新聞朝刊の小熊英二の「自分で動きネットワークを 政治に頼らず地域再生」に共感するところがあって探したところものの1分もしないうちに平積みの『社会を変えるには』(講談社新書 2012)が目に入りました。STANDARD BOOKSTOREはセレクトショップでその文脈なるものが私を引きつけます。小熊英二の本を常備しているのもうなずけます。今日は他に1冊、鷲田清一『新編 普通をだれも教えてくれない』(ちくま学芸文庫 2010)を買い求めました。そしてSTANDARD BOOKSTOREのカフェで読みふけるのはささやかな楽しみです。

明日は仕事始めです。自分がどんな判断をしていくのか。常に考え続けてベストを尽くしたい。「自分で動く」ことが結果をもたらすと考えます。

| | コメント (0)
|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »