« 残暑に注意! | トップページ | カッチーニの「アヴェマリア」 »

音楽運動療法

ここのところのデスクワークが一段落して束の間の一息です。外に出ると澄んだ空気の夕焼けがとてもきれいでした。秋は夕日が楽しみです。帰りにポコ・ア・ポコのご案内葉書を投函してなんだか幸せな気分になりました。

夜、テレビ番組の「ベストハウス123」で音楽運動療法を取り上げていました。私は6年前に野田燎氏の研修会で体験セッションを受けたときのことを思い出しました。後にも先にもあのような体験はしたことがありません。私のホームページにそのときのことが書いてあるのでコピー&ペーストしておきます。今はこのような長文を書く時間はありませんが、それだけなく、あの時だからこそ書き得た文章であり、私にとっては財産でもあります。そして、音楽のことをまた考えています。

『ひかる・かいがら』~野田式音楽運動療法(03/8/28)
■元ちとせの『ひかる・かいがら』ばかり聴いています。昨日、初めて聴いて、心に残る歌のひとつになりました。
■昨日は兵庫県三田市の財団法人ひょうご子どもと家庭福祉財団主催の療育研修会「野田式音楽運動療法」に行きました。1998年に放送されたNHKの「トモ君がしゃべった~音楽運動療法~」の野田燎先生の研修会です。
■午後は野田先生のチームのスタッフ5人が加わってセッションの体験がありました。私は野田先生の1番指名! 音楽療法の研修会で男は目立つのだ。
■トランポリンで跳んでいるときに音楽が加わることで身体の調整力が格段に上がるのがすぐわかりました。もちろん、ピアノは跳ぶ私にリアルタイムで合わせてくれます。フォームがくずれてジャンプのタイミングがずれてもピアノは絶対離れない。すごいものだ。曲がリクエストのバッハから「平均率第1巻第1番」になると、1跳躍を6つに刻む音が私の覚醒レベルを一気に上げて頭の中が澄み渡ったような感覚になりました。このまま続けると自分がどこかに行ってしまうような気がしました。野田先生によると宇宙飛行士が無重力状態で神を感じたという感覚なのだそうです。脳生理学的にはドーパミンの産生がアップしたとのこと。音楽運動療法は障害がある子どもたちの発達支援やパーキンソン病、脳卒中後のリハビリに大きな治療効果を上げて医学的実証も進んでいます。私は自分が体験することでその力の大きさと心地よさがわかりました。
■野田燎先生のチームはスタッフが5人来ていました。それぞれ得意分野があるようで、クラシック、ジャズ、アニメ、ポピュラーなどなど、曲によって交代してピアノを弾きます。弾き手が変われば音楽も変わります。でも、野田先生のスタッフは誰が弾いても、そして、歌っても、「患者さん」に寄り添う真摯な姿勢と心地よさはキープされています。音楽運動療法のスタッフは大学で音楽を勉強してきた人からピックアップするとのこと。大事なのは「センス」とのこと! センス…それぞれの音楽がもつメッセージ性を感じ取れることが大事だとも…。その音楽の感じ方をどうやってスタッフに伝えるのか、音楽の使い方をどうやって伝えるのか、もっと具体的な言葉で教えてほしかったのですが、これはやっぱり難しいですね。
■だれが歌っても、と言いましたが、昨日、歌を担当したのはひとりのスタッフでした。模擬セッションで、トランポリンに仰臥位になった人ひとりのためだけに歌う『ひかる・かいがら』は今まで聴いたことのない力を秘めていました。私はその歌に、そうですね、文字通り心を奪われたというべきでしょうか…。誰かのために歌うことはすごい力を秘めているものだ。
■昨日聴いて体験した野田式音楽運動療法のセッションは、誰かのために奏でられる音楽とはどんな音楽?ということを考えさせられ、また、教えられました。ピアノも野田先生のサックスも歌もたいへんクオリティの高いものでした。歌を苦手としている私にとっては、療法の空間における歌のひとつのシンボルを聴いた思いがして、研修会後、歌を担当したスタッフに話を聞かせていただきました。「患者さんのためだけに歌う」とのことで、療法の場面では誰もがそう思っているはずなのに…やっぱりセンスだろうね…
■音楽運動療法のクライアント体験で、奏でる音楽の2拍目の重要性をまた思いました。先日、FM放送でキース・ジャレットがチェンバロで弾くバッハの『ゴールドベルク変奏曲』を聴いて、やはり2拍目の重みのことを考えたばかりでした。2拍目はそのフレーズのベースのテンポを決めます。キース・ジャレットの『ゴールドベルク』の冒頭は、2つ目の音がいつ奏されるのかわからないくらいのスローテンポです。2つ目の音を待つまでのほんの何分の一秒かの間は聴く人にたいへんな緊張を強いる。不安になる。この張りつめた空間は危ういほどの美しさで私は好きなのだが。昨日、トランポリンでバウンドした直後、もちろん、バウンドの瞬間は1拍目で、バウンドした直後に続く2拍目がクライエントの動き、予想からずれると不快感どころか跳ぶテンポも身体の調整力も乱れてしまうのだ。もっとも、その曲は私に合わないのを意図的に選んで比較するためのものであったが。
■野田式音楽運動療法の模擬セッションではほんとの音楽に出会った思いがしています。こうした音楽にはめったに会えません。誰かのために奏されることがはっきりしている音楽、それは音楽が本来内包している機能であり、音楽の力であり、その秘められた力をこの空間に、音の、空気の振動として再現し得る技こそ真の音楽の使い手のみなし得る技なのだ。昨日はただごとではない体験をしました。
■野田燎先生が言われるようにひとりのクライエントだけのセッションをもちたい。でも、現実は厳しいものがあります。どうしても集団のセッションをせざるを得ない。もちろん、集団でしか成し得ないことがある。ミュージック・ケアはその意味でたいへん優れたメソッドです。でも、それだけではいけないと思う。集団セッションと個別セッションとの効果的なコンビネーションが発達につまずきのあるお子さんひとりひとりに必要です。

野田式音楽運動療法から学んだこと(03/8/31)
■野田燎先生が模擬セッションでサザンのリクエストがあって『TSUNAMI』を演奏した後、堰を切ったように話し出しました。「今までのことはええやん、明日からのこと考えよう」そういう歌、ということで、サザンの『ホテル・パシフィック』の1コーラスをサックスで吹いて、そして、『真夜中のナイチンゲール』のフルコーラスをサックスと歌で奏でました。『さよなら大好きな人』も。そのときの野田先生は音楽好きな素顔を見せてくれたように思いました。
■誰でも好きな音楽への想い入れは言葉にできないくらいもののがある。その想い入れを伝えるいちばんの方法は自分で奏でること。その音楽をニーズとしている人への共感として奏でる音楽は譬えようもなく真摯なものだ。野田先生が音楽療法の中で独自の道を歩まれることになったことの理由と意味がわかったように思いました。音楽のジャンルを問わず、その音楽に秘められたシチュエーションを自分のものとして追体験することでクライエントの物語を共に紡ぐのだ。適切な選曲をして最高の演奏を提供することで。これは、でも、みんながしていることではないのか!? 野田先生のセッションはトランポリンを使って脳を活性化して音楽の文脈を受け入れやすくしている。運動を伴うこととクライエントに寄り添う最高の音楽を提供することが野田式音楽療法の核だと思う。お母さんが子どもを抱っこするとき、自然にリズムをとって揺らしながら歌うではないか。それは誰もがしていること。子どもをあやすことは自分自身をあやすことでもある。子どもが泣き止んで安らかな気持ちになるとお母さんも幸せになれる。人として当たり前のこんな営みの意味深さをもう一度考えてみたいと思う。音楽療法だからといって難しいことを考える前に、ウィニコットの「たった一人の赤ちゃんなんていない。赤ちゃんはいつも誰かの一部なんだ。」という人を関係性の中で捉え、理解しようとするスタンスの意味を今一度考えたい。
■野田燎先生の模擬セッションは音楽とは何かということを考えさせてくれました。あの空間に自分がいたことをとても幸せなことだと思っています。私の人生から欠くことのできないひとときでした。

|
|

« 残暑に注意! | トップページ | カッチーニの「アヴェマリア」 »

コメント

野田燎著『音楽運動療法入門』(2009年11月)を刊行した工作舎の十川と申します。
きたる2010年10月30日(土)13時30分より、
横浜情報文化センターにて
全国遷延性意識障害者・家族の会 設立6周年記念講演会の講師として野田燎先生が招かれ、
「音楽運動療法による遷延性意識障害者の治療とケアについて」と題した講演をされます。
参加費 無料
会員以外の方も参加可能
申込・連絡先 tel/fax 03-6794-2181
全国遷延性意識障害者・家族の会事務局(和田さん)

投稿: 十川治江 | 2010年9月29日 (水) 12時01分

minakoさんへ

野田式音楽運動療法の野田燎さんは大阪芸術大学の教授です。
同大学のホームページに名前があります。

お問い合わせの音楽運動療法を行っている場所ですが、残念ですが私は知りません。
ただ、昨夜の番組にあったトモくんがセッションを受けている場所は「兵庫県芦屋市の福祉教育の施設」とのことです。
1997年放送のNHKの「トモ君がしゃべった〜音楽運動療法の挑戦〜」のナレーションにあります。
昨日の番組はさらに情報量が少なく、音楽運動療法の概要までも伝え切れていなかったように思いました。

野田燎・後藤幸生 共著『脳は甦る 音楽運動療法による甦生リハビリ』(大修館書店 2000)のカバーには「交通事故などによる意識障害者の家族」等に「ぜひ、読んでいただきたい」とあります。
私のセッション体験からも意識障害の方には効果が期待できるものと思います。
ただ、医学的に同じ診断であっても人によって効果はちがってくるでしょう。
だからやってみないとわからないということでもあります。

どこで音楽運動療法を受けることができるのでしょうか。
野田さん自身は昨夜の放送もあって応じ切れないコンタクトが届いていることでしょう。
野田さんは独自で野田式音楽運動療法の療法士を認定していて、おそらく10人くらいは活動をしているものと思います。
でも、ほんとに申し訳ないのですが、どこで?ということはわかりません。研修会以来接点はありません。
私は野田さんのようなチームを継続して組むことが難しく、設備もないこともあって、ミュージック・ケアのメソッドで音楽療法を行っていますが、音楽運動療法の理論や枠組みはたいへん参考になっています。

私は入院している子どもの教育を担う特別支援学校に勤務しています。
minakoさんのお気持ちをお察しいたします。
(入力いただいたメールアドレスへの送信ができませんでしたのでコメントでのお返事とさせていただき、内容も控えました。)

投稿: 南の風 | 2009年9月10日 (木) 22時53分

私の弟は事故で脳を損傷しました。きのう「ザ・ベストハウス123」を見て、弟にも音楽運動療法を受けさせたいと思い、フジテレビに電話しましたが、ずっと話し中だったんです。やっと夜になってこのサイトに辿り着きました。何でも結構ですから(どこでやっているのか等)、情報を教えて下さいませんか?よろしくお願いします。

投稿: minako | 2009年9月10日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残暑に注意! | トップページ | カッチーニの「アヴェマリア」 »