« コスモス | トップページ | 山田英津子の「アヴェマリア」とiPhoneの着信音 »

DELL mini9 SSD 換装 & iPhone

タイトルについてたくさんのユーザーから情報をいただきましたので今度は私から情報提供をする番です。どちらも私の所有する個体と使用環境についてですので、とくにSSDの換装については自己責任の範囲であることをご了承の上お読みください。今年のIT夏の陣です。

DELL Inspiron Mini9のSSDを2倍の32Gに換装しました。新しいSSDはBUFFALO SHD-DI9M32Gで、ハードの交換はドライバー1本で3分程度、OSを含むソフトのインストールは正味2時間程度でした。ただ、ドライバ類のインストールは順序があるのでDELLのサイトから手順をプリントしてにらめっこしてかかりました。それでも1つ入れ忘れてワイヤレスLANがつながらなくて焦りました。換装後の印象は“速い!”の一言に尽きます。かなり重いPowerPointのファイルもさくさくと動きます。メモリは1Gのままなのでスワップのスピードが上がったということでしょう。画面が一時止まるようなことも実用上支障がないくらいに激減しました。容量はもちろん倍増で安心です。動作のスピードアップは予想外でしたがこれまでのストレスは何だったのかと思っています。OSはWindowsXP SP3で更新プログラムは44個もあってこちらのインストールが思いの外時間がかかりました。とにかく“クリーンインストール”なので気持ちがいい。これで出張の荷物も少しばかり軽くなります。9月早々出番があります。

少し前からiPhoneを使っています。食材の調達に入ったスーパーで「iPhone3GS 入荷」という手書きのポスターを見て店に飛び込むと32Gブラックが1台だけあるとのこと。これは運命の出会いかと思い、その日のうちにMNPで引越しをしました。直営店で予約して1か月、何の音沙汰もないので半分あきらめていたところでした。auからiPhoneへの電話帳のデータ引越しは「au携帯 → auoneでcsv化してMacに保存 → Macのアドレスブックに読み込み → iPhoneと同期」を想定して準備していたのでいとも簡単に完了です。ところが電話番号の先頭の“0”が全部消えてしまって、そうか、デフォルトのエクセルでは文字列の先頭の“0”は消えてしまうのでした。表示される漢字と読みと併せてMacのアドレスブックで全件修正をしてあいうえお&ABC順で表示されるようになりました。

iPhoneはおしゃれだし画面がきれいで感覚的に使えてレスポンスもよく音もいい。驚くほどスムーズです。多くの人が一度使うと手放せないというのもわかりますが “ユニークな電話”であることは確かで敷居が高く感じることもあるでしょう。心配していた自宅での電波はしっかり5本立っていてほっとしました。携帯してみると私の日常生活で困るようなことは今のところなさそうに思います。唯一の難はやはりバッテリーです。私の使い方で半日がやっとです。勤務先付近の電波は必ずしもよくないことが影響しているのかも知れません。予備充電電池としてSANYO eneloop KBC-L2S(USB出力付リチウムイオンバッテリー)を持ち歩いています。iPhoneのカバーは白地に楽譜とピアノのデザインのポリカーボネイトのバックカバーを付けただけで、液晶モニタはその美しさを堪能したくて保護シートは使っていません。iPhoneでいちばんキズが付きやすいのはモニタではなくてバックとクロムの部分です。世話のやけるiPhoneですが “されどiPhone”なのです。iPhoneの魅力はインターフェイス、五感に直接ふれる部分で身体が納得するところだと思います。

« コスモス | トップページ | 山田英津子の「アヴェマリア」とiPhoneの着信音 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コスモス | トップページ | 山田英津子の「アヴェマリア」とiPhoneの着信音 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

無料ブログはココログ