ブログの閉鎖のお知らせです

この度、独自ドメイン minaminokaze.net(みなみのかぜ・どっと・ねっと)を立ち上げ、ブログの記事の移行を済ませました。
@niftyのブログとホームページは9月中に閉鎖します。
ポコ・ア・ポコのご案内も minaminokaze.net で行ってまいります。
メールアドレスも@niftyからGmailに変わりますのでBCCにてお知らせします。
ご迷惑をおかけしますが登録のブックマークやメールアドレスの変更をお願いいたします。
minaminokaze.net(みなみのかぜ・どっと・ねっと)はこちらです。

思考の時間と空間

昨日、楽譜を探していたら12~13年前に障害学について調べていたときプリントした北海道教育大学旭川校の先生の論文が出てきました。それを読んでいたらふと「現代思想の313冊」(青土社 2017)が気になって教育学のところを読み始めました。教育学の項は大内裕和さんが担当です。そこでハンナ・アーレントの「過去と未来の間 ― 政治思想への8試論」が取り上げられていて目が釘付けになりました。文章の一部を引用することはときとして誤解が生じることがあるので今は控えたいのですが、知らないことが多過ぎるとため息が出ました。

今の教育と今後の教育を語るには経緯を知ることが必須だと理解しているつもりでしたが、教育の時系列の経緯だけでなく、もちろんその時々の社会状況を含めての教育ですが、どこまで掘り下げるかという深さは相当なものが必要ではないかとの予感です。そうした時間と空間がクロスして現れるもの、あるいは潜むもの、それらを明らかにすることが今こそ求められているのではないかと思います。

「現代思想の313冊」は知らないことが多過ぎるならガイドにしたいと手にしたわけです。文系の資産は先人たちが辿った道筋を自ら辿り吟味して継承されて初めて新たなステップに踏み出される。それゆえ自立した知を獲得するときの年齢はどうしても高くなる。焦る。でも、こうも思うのだ。人生100年時代、長期戦をベースにしながら急ぐべきものはしっかり急ごうと。

今日から3日間、ミュージック・ケア全国セミナーでつくばです

子どもの内面世界の成長を支える教育という視点

昨年まで2年続けて担当していた研修講座を退職後も継続することになり、今日が資料送付の締め切りでした。特別支援教育の担任経験はわずか1校7年しかありませんが濃厚な学びがあり、今の自分の基礎とすることができたと考えています。今年度は非常勤ながら13年ぶりに担任として教育の第一線に携わることになって新たな学びの機会となっています。子どもたちと過ごす一瞬一瞬に心が動く。何ものにも替え難い実体験です。そして講義の内容も自ずから更新することになりました。考え方のよりどころとしたのは「発達障害のある子どもの自己を育てる―内面世界の成長を支える教育・支援」(ナカニシヤ出版 2007/4)です。筆者は13人で、その中のひとり、当時、三重大学教育学部特別支援教育講座で教鞭をとられていた赤木和重先生からサインをいただいた本が手元にあります。発達障害のある子どもの内面世界の成長を支える教育という視点は、特別支援教育にまさに移行せんとするときに子ども主体の教育の方向性を明確に示した書物として今も存在感があります。この存在感は年々増してきているというべきでしょうか。新学習指導要領の「学びを人生に生かそうとする 学びに向かう力・人間性の涵養」というフレーズは一見「所作なし」のお手上げ状態のように思えますが、子どもの心を育てるという教育本来の営みであることを再考する必要性をこの本は示唆している。講義でも強調して伝えたい一点です。

資料は紙ベースのものがあったので教育センターに持参しました。バイクで行きました。GIVIのトップボックスは大柄なBANDIT 1250SAとよくマッチして使い勝手も上々でした。リアボックスをつけるとバイクの操作に影響があるとのことで最大積載量はかなり低く抑えられていますが、今日乗った印象ではとくに影響はありませんでした。むしろ安定した走りだったように感じたのは私自身がバイクに慣れてきているからなのでしょう。今日は主に市街地の幹線道路を走りましたが、ときに4速まで使うものの主に3速までで走りました。1250cc100psはやはりダテではないということです。バイクに乗る時間がそうそう取れないのが残念!
Ban20180717

BANDIT 1250SA ツアラー仕様化事始め

朝からバイクにリアボックスを付けるためのフィッティングとベースをセットしました。BANDIT 1250SA US 2016 にフィットするパーツの品番の確実な情報がなくて半分賭けのような買い物でしたが無事装着できました。メーカーはGIVI、フィッテングは「モノラック用フィッティング 539FZ 94033」で、ベースは「モノキー M5プレートセット 42179 90140」です。一昨日、梱包物を確かめたらボルトが1本足りなかったので販売店に連絡して送ってもらいました。電話対応を含めて迅速でよかったのですが「さすがイタリア」とコメントされそうなエピソードです。製品そのものは「さすがGIVI」で、精度も剛性もデザインも申し分ないと思っています。慎重に作業をしたので1時間ほどかかりました。

バイクのボルト類はさすがに強度も精度も高いと実感しました。手持ちのアーレンキでは精度も強度も物足りないと感じました。これは車も同じでしょう。プロ用のツールが欲しくなります。私のバイクはアメリカからの逆輸入車で取説は英語ですが、パラパラと拾い読みをすると、なんと、燃料タンクの外し方が載っていて驚きました。自動車では考えられないことです。バイクはそもそも趣味性が高く、カスタマイズや自分で修理などをする文化があるからなのでしょう。かくいう私もマフラーは交換したいと思っています。

作業はアクリルの屋根のカーポートでしたのですがたいへんな暑さでした。しばらくしてジーンズの太ももの前が大きく濡れているのに気づいて何だろうと思ったのですがそれは汗でした。作業が終わったときは全身シャワーを浴びたようになりました。作業終了後は本物のシャワーを浴びてクーラーの前でひたすら身体を冷やしました。

フィッテングとベースが確実に装着できたのでリアボックスと対応するバックレストを注文しました。明日届くとのことです。品番は「V47NN 未塗装ブラック カーボン調パネル 92471」で容量は47リットルです。相当な大きさですがそもそもバイクが大きいので全体のバランスはいいと思います。左右のパニアケースもいつか揃えたいと考えています。ツアラー仕様となります。

京都にて

今日は京都に行っていました。先日の大雨のときは祇園祭への影響も心配しましたが今日から宵山が始まりました。山鉾巡行の鉾引きは私も大学生のときアルバイトで参加しました。40年も前のことですがその日のことは今も思い出します。担当した月鉾はいちばん大きくて重くて、四条河原町の交差点で1回では方向転換ができずに観光客のみなさんから応援をいただいたのは格好悪かったです。今日の京都もその日のように猛烈な暑さでした。

今回の京都行は大学院の修士論文中間発表会で私は聴講で出席しました。昨年度、退職前は肝心の仕事の時間すら足りなくてレポートもろくろく書けず、修了は来年度に持ち越しです。ある程度納得できる修士論文が書けなかったらさらに延長もありと考えています。今日は聴講でしたが私の脳の再起動を完了させてくれました。学校が夏休みに入ると仕事も一休みなので研究に多くの時間を当てたいと思っています。

在籍する大学に行ったのは昨年のスクーリング以来8か月ぶりです。今日は脳の再起動にとどまらず命の洗濯に来た思いがしました。修士論文中間発表会に出席して大学の研究は面白いとつくづく思いました。私が質問した博士課程のふたりの“学生”と名刺交換をしたらふたりとも他の大学の准教授でした。私の関心テーマと重なるところの情報交換ができて貴重な出会いとなりました。また、終わってから30歳年下の“同級生”と場所を替えつつ延々3時間半も話し続けました。フリーランスを選んだ今は素の自分で道を切り開き進むのみで、そうして得られた出会いや交わした言葉、ともにした時間と空間が私に新たなエネルギーを与えてくれる。この感覚が私を支える。記憶に刻まれる一日となりました。

この社会が向かう先は?

丸一日、日曜日の講演の準備をしていました。テーマは「医療的ケア児に対する就学・学校生活支援」です。セラピストが中心の研修会なので教育の説明と思っていたのですが、資料に当たれば当たるほど医療的ケアの子どもの支援を巡る動きのダイナミックさがわかってきて病弱校勤務時の情報も手繰り寄せることになりました。病気の子どもの支援も同様で国が何歩も先に進んでいて自治体レベルの現場が追い付かない状況です。また、資料を作っていてこの4月に参加した日本在宅医学会で得た知見がたいへん役立ったことも不思議な縁です。医療的ケアの子どもの支援を巡るダイナミックな動きも然り、社会の変化を現役の頃以上に感じるのはどうしてだろうと思います

先月は某エネルギー関連会社の株主総会に出席してみました。株主総会を始めて経験しました。会場入り口には原発の再稼働に反対する運動団体がのぼりを立ててビラを配り、テレビカメラも何台か見かけました。総会では原発を再稼働することへの賛否の意見を聴きながらふたつのことを考えました。ひとつは、大企業といえども市民レベルの個々の賛同を得られないときは方針転換せざるを得なくなるだろうということ。もうひとつは、日本の現状を高齢化と人口減少を切り口としてシビアに検討しなければ取り返しのつかない事態を招くのではないかということでした。終わって会場の外に出たとき、自分なりに広い視野をもち、様々な情報をできる限り思い込みなく正面から考えていきたいと思いました。この社会はどこに向かおうとしているのか・・・

BANDIT 1250SA

SUZUKI BANDIT 1250SA がマイバイクになりました。すでに生産終了となっていて逆輸入のUS 2016年モデルです。かつて、30年前、 HONDA GB CLUBMAN(250cc)に乗っていたのですが大型はまったく別の乗り物です。1250cc、100馬力のパワーを二輪車としてまとめると必然的にそうなるのでしょう。重量は256kgです。でも、BANDIT 1250SAは車体がスリムでキャラクターはジェントルなのでとても乗りやすいバイクです。といっても直列4気筒1250ccのエンジンはとりわけアイドリング時の荒々しさを押し殺したようなナーバスな印象のサウンドが気に入っています。今日はバイク店で受け取ってから40kmほど走りましたが一言でいうととにかく走りやすいということです。ギアにシビアにならなくてもとにかく走る。そして、そのまま回せばいくらでもスピードが出せる。そのトルク感とスムーズさに大排気量4気筒ならではの息遣いがあってたまらなくいい。どこまでも走りたくなる。一瞬一瞬がバイクとの対話であり、自分との対話でもある。「哲学」を語りたくなるとはまんざら大げさではないようにと思います。バイクとは細く長くつきあっていきます。

言葉について考えたこと

古書店で石田昌隆著(写真・文)「オルタナティブ・ミュージック」(ミュージック・マガジン増刊2009.7)を手にして開けたページの冒頭を目にしたそのときからこの本の虜になったように感じました。「オルタナティブ」とは件の「alternative fact」で注目された単語ですが、自分たちの表現を求めて活動する音楽家たちと著者の息遣いのリアル感が素敵です。存じ上げなかったのですが石田氏は音楽関係を撮るフォトグラファーとのこと。この本の音楽家たちの写真は6×6で撮ったものとか。2009年というと私のEOS 5D markiiが発売された翌年でコマーシャル関係もデジタルに移行した頃ですが、この本は1986年から2004年までに撮影された写真が取り上げられているのでフィルム熟成期のものです。構えて撮影されたポートレートから伝わる人物の存在感、それはいったい何なのだろう。いいものだ。でも、私がいちばん惹かれたのは石田氏の文です。自分と音楽や音楽家との出会いの経緯やそのときの心の動きが澱みなく綴られていてすっと読める。人は思春期にこうして音楽を知っていくんだと彼の物語に共感してしまう。年齢が1つ先輩というのも身近に感じる要因だろう。また、音楽家たちの国や地域の社会や文化、政治の状況についても描かれていて背景がわかるのもすごくいい。読み進めるのが楽しみです。こうした本との出会いはやっぱり古書店を見て回るしかありません。

古書店を渡り歩いた後は岩波ホールで映画「ゲッベルスと私」を観ました。内容も映像も圧倒されました。映像とは撮影も含んでのものです。珍しく「プログラム」を買い求めました。しばらくは思い返しては考えることになるでしょう。

ここしばらくNHKなどのメディアの印象が少し変わってきたように感じています。これまでマスメディアの表面にあまり出なかった情報やその出し方です。それが何なのかを追究するわけではありませんが、そうしたことも含んで冷静に判断していきたいと思うのです。「ゲッベルスと私」の日本語字幕の「総力戦」は英語字幕で「total war」とありました。調べる(weblio)と「total」には「国家全体の力を出しての」という意味もありました。そうした「total」の意味を知らないと認識が大きく違ってきます。3月に放送されたNHKの「100分deメディア論」で高橋源一郎氏から言葉の意味が無くなってきていること、無くされてきていることについて指摘がありました。情報が溢れているようで実は閉ざされている情報があるということを肝に銘じたい。語源や用法の移り変わりも注意していきたいと思う。

アーカイブズ

自宅の片づけがなかなか進まない理由、単に言い訳なのですが、まず、整理する空間の確保が難しいことがあります。本など物が多すぎます。これは物理的な理由ですが、片づけをしていると次々に本や資料に目が留まってそこで作業が中断してしまうのは性分です。発見、再発見が多すぎて面白いのです。VHSのビデオテープをDVDにダビングもしています。また、8mmビデオカメラが作動することがわかって8mmからDVDへのダビングもできることになりました。こうなると片づけは泥沼状態に陥るのは明らかです。でも、今のうちにアナログデータをデジタルデータに変換して活用できる状態にしておきたいと思っています。こうなると自宅の片づけが完了するのは遠い未来になってしまうのかもしれません。

授業での感覚

昨日今日と非常勤で勤務している肢体不自由の特別支援学校の小学部の授業に入りました。身体の状態は一人ひとりちがうので姿勢保持などの仕方や配慮も様々です。でも、肢体不自由の子どもだけでなく大切なことは重力との関わりだと思います。床や椅子などに座ったときの姿勢や不安定なラージボールの上に座ったときのバランスなど、適切な補助によって子どもの定位感はちがってきます。子どもが自分なりに抗重力姿勢を調整する感覚が身につくように指導することがQOLの向上に大きく貢献するものと考えます。不安定なはずのラージボールの上に座ったときの方がしっかりした表情や眼差し、首を回して周りを見渡すなどの姿がありました。1時間、子どもといっしょに勉強してこのことを私自身の身体が思い出しました。子どもとのリアルタイムのやりとりからよりベターな“支援”を重ねていくこと、誤解を恐れずにいうとそれは教育現場の醍醐味だと思います。リアルタイムの子どもとのやりとりの積み重ねが密度の高い学習時間を生み出します。

«Distinguished Gentleman's Ride

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

無料ブログはココログ