2017年7月19日 (水)

佐野美津男「魔法使いの伝記」幾たびか

来週、新規採用と6年目、11年目の研修の講師を務めることになり、〆切を1日過ぎた今日、当日配布の資料を送りました。キーはやはり「言葉」です。そんなときいつも思い出すのはアメリカの「言葉」であり、佐野美津男の児童文学「魔法使いの伝記」と「翻訳の世界」(1989年2月号)に寄せた「ことばがきえる」です。その「翻訳の世界」がここしばらく見当たらなくて今夜も探したのですが見つからず、以前に書いたものを読み返しました。「魔法使いの伝記」は不思議な魅力がある本です。

無題(06/5/27)
■ふと思い出して本棚を探るときがあります。昨夜は『翻訳の世界1982年2月号』(日本翻訳家養成センター 1982)でした。特集は「童話 ことばのレッスン 分かりやすさだけでいいのか」です。この特集にある佐野美津男の「ことばがきえる」は初めて読んだときから強いメッセージ性を感じるものでした。この文章のどこが私をしてただならぬ胸騒ぎを覚えしめるのか。どんなときにそうなるのか。
■童話という言葉を童謡に置き換えると、やはり同じことが言えるのではないか。佐野美津男のテーマの横にはこの一文がある。「『いつまでもねんね』と思う親、いつしか自立していく子ども…共生的児童文学を断固として退け、子の成長を促せ。児童文学の真の成熟を!」 私も大人の逃避の対象となるような捏造された子どもの世界は受けつけられない。文学でも音楽でも同じだ。佐野美津男が引用するメルロ=ポンティの講義要録『言葉と自然』(滝浦静雄・木田元訳 みすず書房)では、「対人関係と知性と言語とは、直線状の系列や因果関係に配置されうるものではなく、ある人が生きている渦巻く流れに属しているのである。言語行為とは話上手な母親のことである、とミシュレが言っていた。ところで、言語行為は幼児を、あらゆる物に命名し存在を言葉にするこの母親とのいっそう深い関係に導きもするが、それはまたこの関係をいっそう一般的な秩序へと移調もするのである、つまり、母親こそが幼児に、まずは母親の直接性から遠ざかって行く回路-この回路を通って、幼児は必ずしもその直接性をふたたびみいだすとも限らないのだが-を開いてやるのである」とある。言語行為という単語にはフランス語の読みの「バロール」がルビとしてついている。これを音楽行為と置き換えた時、やはり私は共感する文脈を見いだすのだ。童謡なる音楽も幼児をいっそう一般的な秩序へと移調させる役割を本来担っているはずである。音楽と出会うことで子どもが自分を大切に思い、母親や友だちとの間で音楽を共有することで他者との関係性の築き方を覚える、つまり、一般的な秩序へと移調させていくのである。ただ、そうなればいいのであるが、一歩間違えると、母親なるものとの共生から自立できなくなる。音楽はその力の大きさゆえに音楽を扱う仕事に就く者の責任もまた大きいことを肝に銘じておくことが必須だ。
■若尾裕はカワイの『あんさんぶる』連載の「音楽は生きている」(No.423 2002年3月号「ナポリの音楽療法ヨーロッパ学術大会その2」にこう書いている。「Aという人とBという人との間に音楽が成り立つということは、この二人の間に共有の音楽文化があるということだ。ではAという音楽療法士と、Bという、例えば5才の自閉症児の間ではどうだろうか?やはり、AとBの間には共有の音楽文化が成り立つことを音楽療法の前提にしている。だが、こういった音楽文化については心理学や医学で論じることはまったくできないのである。科学の方法論では、なぜ音楽は存在するのかといった哲学的な問題は扱えないのだ。そこに関わることができるのは、哲学、美学、音楽学などの文系の学問なのである。」教育もそうなのだが、今は数値で評価を求められることが多い。アカンタビリティ(説明責任)を果たすプロセスの中でそうした量的評価も必要となる部分もあるが、音楽療法、教育とも、量的評価傾倒からの揺り戻しが始まっているように私は思えてならない。この流れは歓迎するものの、果たして、「哲学、美学、音楽学などの文系の学問」で語ることができる土台が音楽療法や教育の現場にあるのかどうか、危惧するところだ。いくら価値ある実践を積み重ねていても、そのよさ、価値を伝える言葉をもたないとそのよさも価値も伝わらないことが少なくないし、また、致命的なこともある。
■こうしたことをあれこれ考え、腑に落ちる言葉を探して綴っているのは、発達障害の子どもたちの成長とQOLの保障について考えることがこのところ多いからです。
■上田義彦写真集「at home」(リトルモア 2006)が届きました。B4版と小柄ですが、厚さはなんと3.3cmもあります。柔らかなトーンのモノクロはライカと銀塩フィルムの成せるところで、写し込まれた人の存在のリアリティとでもいうのでしょうか、日常の営みの意味の重みが伝わってきます。この写真集は一押しです。折しもSONYのデジカメ、サイバーショットR1のコマーシャルで“似た”写真を見ました。お母さんの胸に抱かれる赤ちゃんの写真です。レンズはカール・ツァイスです。でも、でも、ちがう。銀塩モノクロフィルムとはちがう。別物です。
■夜、NHK-BSで映画「今そこにある危機」“CLEAR AND PRESENT DANGER”を途中から観ました。主演はハリソン・フォードです。主役が徒党を組まない設定は映画のストーリーの定石ですが、ハリソン・フォードが演ずると格別の感銘があります。私も徒党を組まないことを肝に銘ずる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

奈良にて

昨日、奈良市写真美術館と中宮寺に行ってきました。奈良市写真美術館は企画展の本橋誠一「在り処」(ありか)がお目当てです。本橋誠一の作品はチェルノブイリ原発の事故後の現地の写真が目に留まって彼の写真を意識してみるようになりました。(「写真」なのか「作品」なのか、言葉の選択に迷います。)「在り処」には収録されなかったのですが、ナージャという女の子が「教室に散乱する教材の中から遊び道具を探す」「ナージャにとって放射能のことより、友だちがいなくなったことのほうが悲しい」の2枚でした。今回の写真展では200数十点というかなりの作品を鑑賞することができました。オリジナルプリントでしかわからないものがあります。写真集「在り処」の帯には「アラヤシキ、雄冬、与論、炭鉱、上野駅、藝能東西、サーカス、賭場、チェルノブイリ」とあって、彼の仕事の集大成といえるでしょうか。これらのテーマの中で昨日も感じたのは、チェルノブイリの写真の造形的な構図感でした。絵画とも思えるような印象です。それがチェルノブイリ原発の事故の犠牲となった人々の抜け出せない現実の厳しさを一層強く伝えているように思います。

中宮寺は思惟半跏像に会いたくて行きました。コンクリート造の本堂は意外でしたが、薄暗い本堂に鎮座する思惟半跏像はある意味仏像を超えた存在のように思いました。ただただ静かな佇まいでした。それが見る人の心を静めるのでしょう。本堂の3方の扉は開け放たれ、通り抜ける西風が時間の流れを忘れるのを辛うじて止めているかのようでした。

久しぶりのリフレッシュの一日となりました。

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

「BELIEVE」

勤務校の開校式でした。子どもたち手作りの胸花でお客さまをお迎えし、子どもたちが司会進行を行うなどやわらかな文脈を心がけ、フィナーレは「BELIEVE」(「ビリーブ」杉本竜一作詞作曲)をみんなで歌いました。今日の「BILIEVE」はこれまで聴いたどの演奏よりもやわらかであたたかくて包み込む力があり、併せてめざすところを示してくれているように感じました。感無量でした。子どもたち、教職員、お客さまみんなが一体感に包まれていたように思いました。感謝、感謝でした。ひとつ、大切な節目を越えました

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

This is Language.

山崎佳代子著「ベオグラード日記」を知ったのはあるツィートでの引用でした。これはただごとではないと思いました。Amazonの同書のレビューもまた私の言葉欲をそそりました。「熱く冷たい言葉の数々」とは言い当て妙だ。そして、今週届いた山崎佳代子の詩集「秘めやかな朝」はその研ぎ澄まされた言葉がさらに透明感を増して私の目に映りました。詩にこんなにも惹かれるのは久方ぶりでした。

言葉、といえば映画「13days」でマクマナラ国防長官が発する一言が意味することろに思い巡らします。「This is Language.」(これは言葉だ)ペンタゴンで直接指揮をとるマクマナラが軍の挑発とも受け取られかねない行動を激しく制し、この言葉で一喝します。それは文民統制を象徴する台詞であり、アメリカが言葉を大切にしてきた歴史の1コマでもあると思います。次の引用は私のサイトからです。

言葉(03/9/27)
■9月20日の朝日新聞の「天声人語」にたいへん共感するセンテンスを見つけました。それはアメリカ合衆国の独立宣言、憲法、権利の章典の原本が修復を終わり、ブッシュ大統領が出席して公文書館の式典が催されたことにまつわる記事です。
■「独立宣言などの建国文書について米紙が興味深い言い方をしている。『米国は言葉によって、その存在を高らかに宣言した』『これらの文書がなければ、この国は存在しなかったとさえいえよう』。そして『言葉が大切なのだ』。文書を収めるケースは『神殿』と称されるらしい。あの国にとって、建国文書がいわば、『三種の神器』なのだ。」(朝日新聞「天声人語」から 2003.9.20)
■このところ、言葉の大切さ、重みを実感するエピソードが数多くクローズアップされてきています。マニフェストもそのひとつです。インフォームドコンセントも個別の指導計画もそうです。こうした言葉たちはそのひとつひとつが具体的な姿あるものや数値を扱っています。同意だけでなく合意を目指しています。そして、人と人との関係性についてもこうした言葉で扱われようとしています。でも、関係性は直接確かめることはできません。だからこそ言葉で確かめ合うものなのです。“約束”という言葉が甦る。

1週間後の土曜日は勤務校の開校式です。言葉がキーです

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

インパチェンスとシュークリームとXGWorks

昨日、出張から帰って3日ぶりに自宅前の鉢植えのインパチェンスを見たら茎が太くしっかり育っていて一安心しました。東京は梅雨入りも晴天でしたがこちらは適度に雨が降ったようです。今年の夏の花は深紅のインパチェンスです。色はいつも10本程度まとまって手に入るものを選ぶしかなくて意図しているわけではありません。ただ、同じインパチェンスでも色によって丈夫だったりそうでなかったりするように思います。つきつめると種類がちがうのでしょうが、深紅のインパチェンスは茎や葉も色が濃くていかにもたくましい。もしかすると原種に近いのかもしれません。梅雨の重い空気の下で日々たくさんの花を咲かせることと思います。

今日は所用で熊野に行ってきました。紀勢自動車道が延伸し、熊野尾鷲自動車道が開通してから熊野市まで行くのは初めてでした。平成22年度は多いときは毎週のように東紀州に出張していたのですが、当時は高速道路が大内山までしかなくて片道に3時間もかかっていたことを思うとすごく便利になりました。当時お世話になったみなさんとお会いしてご挨拶をすることができてたいへん懐かしく、うれしく思いました。帰りはここに寄りたくて一般道に降りました。当時のメンバーズカードがそのまま使えたのでこれもうれしく思いました。

このThinkPad X260 Windows10cuに往年のXGWorks4.0をインストールしたところ見事に動きました。XGWorksのカタログに2002年12月制作とあるので四半世紀余も前のソフトということになるでしょうか。XGWorks4.0はWindows7では動きましたがWindows8では起動すらしませんでした。それがWindows10の最新版で動くのですから驚きです。また、YAMAHAはドライバのUSB MIDI DriverをWindows10対応にアップデートしています。これは音楽界ゆえの理由があるように思います。例えば、初期の電子楽器が今も修理を重ねて現役だったりするのはその楽器にしか出せない音そのものに価値を見出して音楽作りをすることが少なくないからです。“あの音”しかないということです。それは音楽的にどうのこうのという以前の生理的な次元のマターだと思います。XGはハード音源が数多く残っているのでドライバのアップデートも続けられてきたのでしょう。かくいう私もXGの音源モジュール、MU500とMU2000を所有しているのでこれはありがたいことです。今更のMU500+XGWorksというのは仕事で使うことが想定されるからで、これは意外な展開ながらもがんばらないといけません。

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

ゴールデンウィークの置き土産

ゴールデンウィーク明けに左手の甲に痛みが出てピーク時は一晩眠れなかったことがありました。これは一体どうしたことだと思って職場の机に向かった時、そうか、これだったのかと思い当たりました。長時間マウスを操作したことによる腱鞘炎でした。病院に行ってないので断定はできないのですが、マウスに手を当てると左手が疼くのできっとそうだと思う次第です。新設校の案内図の作成に1日数時間もマウスを使っていました。その甲斐あって内覧会等々の準備も整いました。左手でマウスを使うようになったのは、右手にペン、左手にマウスだと持ち替える必要がないと聞いたからです。もちろん左右のボタンの機能は入れ替えています。すこぶる快適でしたが、もしも右手で操作していたらこんなことにはならなかったのかもしれません。

自閉症についてペーパーをまとめることになってあらためて資料を当たっていたらいくつかアンテナに引っかかることがありました。そもそも自閉症という診断名はDSM5ではなくなりました。このあたりの診断名は流動的な側面があります。DSM5のカテゴライズについてTwitterでは「カテゴリー概念による診断の限界」「カテゴリー診断の経済性そう簡単には捨てきれない」「今すぐカテゴリー概念を捨てるにはリソースが足りなさすぎる」等々の書き込みがあって興味は尽きません。そうそう、自閉症のことを調べていたのだったとまた資料に目を移すと診断名やカテゴライズ有りきではない子どもの見方の本が少しずつ出てきていることもわかってきました。その1冊は先月取り寄せたばかりでまた1ページも読んでなくて溜息が出ました。やっぱり原典が必須と英文のDSM5を注文しようとしたらイギリスから届くようです。しばし待ちます。

本といえば帚木蓬生の「ネガティブケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力」(朝日選書 2017)は読み始めたら止まらず、ゴールデンウィークの1日はそれで終わりました。主題はサブタイトルの「答えの出ない事態に耐える力」そのもので、オープンダイアローグのスタンスの「不確実性への耐性」にも共通する文脈です。この歳になってこのことへの確信を得たのはあまりに遅過ぎたの観がありますが、この先私自身が不確実な日常に身を置こうと考えている今だからこそ受け止め方もより重みを感じたと考えるべきでしょう。ゴールデンウィークの置き土産はいろいろありました。

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

新年度はスロースタートで!

県立かがやき特別支援学校開校の朝は雨の土曜日でした。朝刊を見ると新設校扱いで私は顔写真まで載っていました。新年度早々の土日は貴重な仕事日で終日準備となりました。早まる気持ちを抑えて、そう、スロースタートです。

これから移動移動の毎日となるので酷使してくたびれてきたThikPad T440sを予備機とすることとして小振りのThikPad X260をモバイルマシンとするべくセットアップをしました。新しいモデルのX270がリリースされていますが、このX260はUSキーボードが選べる米沢産の最終モデルなので入手しました。i5+8GRAM+SSDなので起動もそこそこ速くてスワップで待たされることもありません。また、T440sと比べるとキーボードも小振りなので指が無理なく全てのキーに届いて頗る快適です。キーの音も静かです。iTunesの大きなファイルも外付SSDを使って短時間で引っ越しが完了しました。メーラーはBecky!2なのでこれもデータをコピーするだけでした。こんなに簡単に環境の引っ越しができていいのだろうかと少々訝しかったほどです。ひとつ困ったのはMicrosoft Officeのアクティベーションがオンラインでできなかったことです。どうやらトラブルが頻発していて電話でのやりとりが必要とのこと。

コンピュータはそれこそ重箱の隅を突くような改良の積み重ねの連続で、その数値を見ても何これ!?ですが、実際に使ってみると体感的というより生理的にしっくり納得のスピード感があります。人間のこの感覚はすごいものだとこの歳になっても実感です。X260のパームレストの適度な凸凹やキーヘッドの指のひっかかりも絶妙と思います。こうしたレスポンスのツールが脳を刺激する。スロースタートの新年度でもツールは頭の回転についてきてほしいものです。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

春をよぶ紅茶

東京メトロ霞ヶ関駅の通路に駅員と乗客とは思えない佇まいのスーツ姿の男性が立っていて何だろうと思ったら通路に面した一部屋に22年前の地下鉄サリン事件の献花台があって記帳されている人がいました。22年前、ここがその現場だったのかと思うとその場の空気が突如重く感じられました。これも、そして、やまゆり園の事件も、そこから何を学ぶのか。その問いは時とともにちがってくるだろうし、得るものも然りだろう。大切なのは問い続けることだ。答えはひとつではないし答えが見つからない問いもある。それでも問い続けるのです。

先日知人からいただいた紅茶が香りも味も格別だったことからスタバで紅茶を注文してみました。思いっきり華やかな紅茶をいただきたくてそれらしき名前の「ユースベリー」のことを尋ねたら「色はピンクです」とのこと。色も香りも味も軽やかでとても美味しくいただきました。しばらく紅茶三昧になるかも知れないと思いつつ、でも、店を回って紅茶を選んでいるような時間はなくティーパックのセットを買い求めただけでした。

今回の出張では病弱教育の核心にふれる内容についてもやりとりすることができて、収穫だけでなく宿題も大きなものとなりました。「病気とは?」「障害とは?」そこにこだわり過ぎていることはわかっているつもりですが、これも問い続けるのみです。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

春間近

サンルームの段ボール箱や古新聞を片付けていたら花粉の気配がしました。薬を飲んでいるのでどうにかやっと症状を抑えているような感覚で鼻に違和感がありました。まさに境界です。すんでのところで留まっている、そんな危うさがあって意気消沈の一日でした。春間近です。

一昨日のこと、2月にマップのバージョンアップをした車のナビの画面に「県立子ども心身発達医療センタ-」の表示があって驚きました。開院は6月ですが、ナビのデータの最終アップデートは2月初旬のはずなので半年も前に入力されていたことになります。表示を詳細にすると「三重病院」と「かがやき特別支援学校」の名前が出てきました。「緑ヶ丘特別支援学校」ではありません。マップメーカーは学校名の変更の有無について教育委員会に問い合わせをしてきますがこれはフライングです。でも、早期から広く知っていただくことにつながるものと期待しています。

少し前に所属しているオーケストラの次回の定期演奏会の曲がドヴォルザークの交響曲第8番「イギリス」に決まりました。その連絡があってからというもの、演奏会は1年も先のことなのに気もそぞろです。この曲の第3楽章は大学の時、たしかNHK-FMの「名曲の時間」のドヴォルザーク特集のオープニング曲でした。誰の演奏だったか覚えていませんがそのときの記憶をこの曲に求めてしまいます。先週届いたCDはジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団の“定番”です。端正な演奏です。スラブ舞曲も素晴らしい。明日明後日の東京出張では旅の友となります。

「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに特別支援学校幼稚部教育要領案、特別支援学校小学部・中学部学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施について」はこちらです。(平成29年4月15日まで)

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

病弱教育の歴史

この4月に勤務先の病弱特別支援学校が再編されて校名も新しくなる節目を迎えるに当たり、病弱教育の歴史の一端を紹介する機会がありました。

「病弱教育は明治時代に三重県で始まったとする説があります。「三重県学事年報第九 明治二十二年」には、三重県尋常師範学校の生徒の約6割、70人余が脚気(かっけ)を発症して授業を続けることが困難になり、菰野の湯の山温泉付近に生徒を移してそこで授業を継続したという記録が残っています。興味深いのは、運搬が困難だった教材等を使う学習を省いて他の学習を進めたところ学習進度に偏りが生じたので挽回に努め、また、履修規則を変更したり授業時間を増やしたりして、さらに授業方法を改良したところ学業の進歩に「見るべきもの」があったということです。「病気が治ってから勉強しようね」ではなく、生徒をまとめて転地療養させただけでなく、学習内容を弾力的に扱って勉強を続けましょう、時には履修規則も変えましょうという思い切った対応がとられたわけです。当時の日本の国民の健康状態は決してよいものではなく、特別支援教育(障がい児教育)という枠組みではなく保健衛生の観点からこうした発想となったようですが、ここには現在の病弱教育にも通じる考え方や対応が含まれているように思います。」

やや意訳もありますが当時の配慮の趣旨に沿って現代語訳で要約したつもりです。実際のところはどうだったのかという疑問があります。昨年の夏の終わりに菰野の湯の山温泉付近を訪れて菰野町立図書館でも町史などの資料を当たりましたが手がかりはありませんでした。いつかまとまった時間ができたら現地調査をしたいと思っています。

病弱教育の歴史は国民の健康や保健衛生の状況の変遷とともに課題も対応も移り変わってきた経緯があります。変わってきたというより柔軟に対応してきたという方が実際のところだったと思います。健康は社会の状況によってあり様が変わってきます。指向する健康もちがってきます。もちろん心身にわたる健康という意味です。疾患構造の変化等をすべて社会状況と関連付けることはできませんが、病弱教育はそうした社会(家庭も含みます)の状況による心身の不調に困っているその時々の子どもたちを支えるスタンスを取り続けてきているものと考えています。この先もこのスタンスは受け継がれていくことと思っています。このことを忘れないためにも病弱教育の歴史を振り返って史実を明らかにすることは大切だと考えます。

| | コメント (0)

«東京、京都、名古屋